子育て中のスキンケア!忙しいママも簡単時短ケアでキレイをキープ

シミを作らせない美白の基本、紫外線予防

美白の邪魔をする、シミを作り出すメラニンの生成を抑える為には、

 

紫外線を予防することが有効ですが、紫外線予防の日焼けどめは

 

いつ頃から塗り始めますか?多くの方が日差しで夏を感じる頃だと思うのですが、

 

できることならば、1年中塗ることが理想なのです。

 

中でも特にしっかりと日焼けどめを塗ってほしい月があります。

 

4月5月の紫外線は実はきついらしいと言う話を聞いたことありませんか?

 

この話を耳にしたことある方多いと思います。

 

しかし、紫外線が一番強いのは夏本番の7月8月なのです。

 

それなら、4月5月の紫外線予防をしなくても良いのかと言われると

 

そうではないのです。1年中美白ケアの土台として、

 

日焼けどめを塗り紫外線予防をしてほしいのですが、

 

4月5月も夏同様しっかりと紫外線予防をしてほしいのです。

 

紫外線の量が増え始めるのが4月からなのですが、

 

この4月は、冬の乾燥肌をまだ引きずっているのです。

 

乾燥している肌に紫外線というのは届きやすいので、

 

紫外線の量が真夏程強くなくても、少しの紫外線で日焼けしやすいのです。

 

日焼けどめを毎日塗るのは、とても面倒だとは思うのですが、

 

最近ではウォーターベースで着け心地が化粧水のように軽いものもありますし、

 

また美白成分の入った美容液のような日焼けどめまであります。

 

紫外線を防ぎながら、シミにもアプローチしてくれるのであれば、

 

一石二鳥ですよね。

 

美白を考え、4月5月も日焼けどめを塗ることを日課にしてみてはいかがでしょうか。

2014/05/28 15:19:28 |
子どもの入院している間に必要なものは、入院日数や出ている症状により差がありますが、子どもはもちろんのこと付き添いの人の分も用意する必要があります。第一に、診察券と保険証、年齢によっては乳幼児医療証及び印鑑が、子どもの入院の手続きには必須です。他に子どもの症状の変化を書いておいたり諸用紙に記入するなどといった場面で使用機会がありますから、筆記用具も準備しておくと良いでしょう。子どもが赤ちゃんの場合は、入院前に家を出る時のようにオムツやおしりふき、ミルク育児であればミルクと哺乳瓶の用意は絶対です。入院している間は、自宅に居るときとは環境が違うため、排泄に変化が出る恐れがあります。おむつやおしりふき...
子供が入院した時のためにの続きはこちら
2014/05/28 15:18:28 |
染み抜きというのは、水溶性や油性など種類ごとに対処法が違いますが、染みを付けてしまった素材にも配慮が必要です。素材というのは、化学繊維と天然繊維の二つがあり、天然繊維の場合は植物繊維と動物繊維があります。植物繊維の場合は、よれやすい綿や麻を挙げることが可能です。麻についていうと、触った感じに滑らかさがあり、ひんやりとした感じがするのが特質といえます。ただし、汗や太陽の光にダメージを受けやすいので、色が変わりやすく、擦ることで白くなってしまうというウイークポイントもあります。綿の素材は数ある植物繊維の中でも好まれているもので、水に濡れても比較的頑丈ですが、乾燥しにくいものとも考えられています。ア...
染み抜きの続きはこちら
2014/05/28 15:16:28 |
高校時代、部活で毎日炎天下の中外にいた私は、真っ黒でした。高校生ながらに、何かないか考えて、ヒンヤリとするのもとても気持ち良かったので、きゅうりパックを始めました。おかげできゅうりを薄く切るのが得意になりました。社会人になって普通に仕事をしていたのですが、ワーキングホリデーでオーストラリアに行こうと思い立ち、1年間渡豪しました。日本では、女性は帽子をかぶったり、日傘を持ったり、できるだけ日光に肌をさらさないように、努力していますが、オーストラリアの地では、まったく日傘などさしている人はいません。逆にこんがり焼けた肌の方が素敵といった感じです。一年間ほとんど、日焼け対策もせず、気持ちよく日光を浴...
美白シミ対策の続きはこちら
2014/05/28 15:15:28 |
私が初めて美白を意識したのは高校生の時でした。中学生までの私は外で良く遊び、どちらかというと野性的な色黒の肌でした。そんな色黒の私が高校生になり、仲良くなった友達グループの中で一人色黒で目立っていることに気づきなんだか恥ずかしくなったのです。そしてまわりの女の子が自分と違い、夜の洗顔の後にきちんと化粧水や乳液を使っていることも知って驚愕した私が、さっそく母に頼んで買ってもらったのが「オードブラン」でした。当時美白化粧水としてかなり流行っていたと思います。毎日、朝の洗顔とお風呂上りの後にこのオードブランをバシャバシャ。初めて使う化粧水に嬉しくて多めに使っていたように思います。そして季節が春から夏...
美白に目覚めた年の続きはこちら
2014/05/28 15:14:28 |
毎年日差しの強くなるこの季節から、外に出る際は必ずサンバイザーを装備して出かけていました。去年は日の出ている時に出かける時は必ず装備するので、あまり顔を直射日光に晒さずに済んだお陰でシミやシワがあまり出る事はありませんでした。もちろん、サンバイザーだけでは心許無いのでUVカットの日焼け止めも塗っています。コレを塗らないとサンバイザーの効果も半減するのです。愛用のサンバイザーはただ日差しを遮るだけではなく、紫外線遮蔽率99%と言う優れものです。庇の角度を角度を変えられるので、顔全体を覆う事も可能です。やはり、美白の白肌を目指す者は必ず装備して欲しい逸品だと思うのですが、なかなか装備してくれないと...
油断して、サンバイザーをしないで外出していましたの続きはこちら

このページの先頭へ戻る